2010年10月 7日 (木)

ICTEセミナー

10月2日に駅前キャンパスでICTEとメル・プラッツ共催のセミナーを開催した。

裏方をしつつ前半の指導要領関連のパネルをきく。
はやりというと廃れてしまいそうでいやだが、
思考力と絡めた話などがあり、勉強になった。
フロアから新科目「社会と情報」「情報の化学」は
なぜそれぞれ「情報」のおかれ方が違うのかといった質問も。
なるほど、確かにわからんなぁ。

それにしても図らずも?(図ったのかもしれないが)関西の人ばっかりで、
全体的なノリがもう関西だったわけで。
この後に登壇するのはすごくプレッシャー。
テーマは「デジタル教材と学びのコミュニティ」。
また難しい話。

でも司会の飯田先生がうまく振ってくれたおかげで、
田邊先生、杉本先生、林田先生のお話を混ぜすぎない形で進めてもらえた。
この話題は混ぜすぎると多分わけわかんなくなっただろうから。
結果として少々、メル色の弱いものになってしまったが、
水越伸先生にも「しょうがない」と言ってたし、しょうがないんだ、きっと。

懇親会も非常に楽しく、サプライズも。
それに徳島文理大の林先生や関大の岡田先生など、
懐かしい面々と会えて非常によかったし、
水越伸先生ともそこそこお話ができたのもよかった。

しんどいが楽しい1日だったっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

宇治橋さん来福

先日、NHKの宇治橋さんとこちらで会う機会に恵まれた。

市内の中学校で講演を引き受けていたらしく、
飯田先生や杉本先生、そしてうちの学生も交えて一献。
けっこう急な誘いだったんだけども
学生はフットワーク軽く参加をしてくれた。

 「なぜ今の教育番組はこんなネタを取り上げるの?」

的な質問が学生がでたりして、
こちらの予想以上に宇治橋さんと絡んでいた。
非常に有意義な会だったと思う。

今度は授業に来てもらいたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

紅南小へ

8月23日に紅南小へおじゃました。
FSの第1回地域協議会のため。

午前中は学校見学をさせてもらい、
午後に学校関係者、教育委員会、NTTと僕とで、
このプロジェクトの目的や今後の事などを協議。
学校からから当然でてくるであろう要望や限界など
みっちりと話をさせてもらった。
校長先生、加藤先生はしっかりとお引き受けくださっているので、
僕としてもしっかりお手伝いをしたいと思う。

協議会後は教員の方々にも集まって頂き、
概要説明と少しでも使ってもらえるように協力の依頼。
何はともかく使ってもらえるようにすることが一番大事。

夜はNTTの面々と加藤先生、前多先生と懇親会。
いい店を押さえて頂き、本場のほっけなど絶品料理の数々。
次もここに来ようと思う。
結局、日付変わるまで飲んだ。
次の日もみんな仕事なのに(^^;

#合間に北大キャンパスをぶらっとしたのだが、
 やっぱり帝大っぽい雰囲気がいいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

教育工学会夏の合宿研究会

P1020142 P1020121
Sany0006 Sany0053

8月7-8日と教育工学会の夏合宿を
うちの大学の駅前キャンパスでおこなった。
テーマは「教育の情報化 次の10年を考える」。

信州大学の東原先生に基調講演をお願いし、
実践発表は和歌山大学教育学部附属小の山中先生、
三次市立三和小学校の愛甲先生、広島市教委の埴岡先生のお三方。
そしてワークショップと盛りだくさんの内容で2日間みっちり。

こういうイベントを開催するのは初めてではないけども、
何かとこれまで以上にプレッシャーのかかる仕事だった。

結果として参加者人数の少なさは否めなかったが、
その分、じっくりと腰を据えて話ができたという声が多く、
なんとか体面を保てたというところ。

そして開催にあたっては内田洋行やNTTの面々には本当にお世話になった。
人の縁は本当に大きいと感じた2日間だった。

次は木原先生には「メディア学会?(・∀・)ニヤニヤ」と言われたが、
いやいやそれはご勘弁を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

D-pro北海道に参加

8月4日に札幌で開催されたD-rp北海道に参加。
FSに協力くださる紅南小学校の先生と打ち合わせを行うため、
急遽参加する事になった。決まったの1日の日曜日だし(笑)

本来の目的はもちろん打ち合わせだが、せっかくのD-pro。
しっかりとみなさんの取り組みをみさせてもらった。
半日だけだったけど。

D-proは久々の参加だったが非常に有意義だった。
最近は身近なところでこういう機会がなく、
なかなか現場の先生の話が聞けない。
自分の行動範囲でこういう場をつくりたいとも思うが、
結構大変だという事もわかっているため、
どっから手をつけようか迷っているところ。
そう考えると、こういう場を続けてこられる現場の先生や
一緒にやってる研究者の方たちのコミットの仕方とか改めてすごいと思う。
まだまだだなぁ。

そしてそういう元気は夜にも発揮されて、
日付が変わるくらいまで飲み続け。
さすがに疲れたよ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

FS全体委員会

8月1日はフューチャースクールの全体委員会。

中川先生(放送大学)を中心にチームが組織された。
村井先生(金沢星稜大)、清水先生(上越教育大)、
稲垣先生(東北学院大)、中橋先生(武蔵大)に混じって
僕も北海道地域担当として加わることに。

今回もNTTの面々と一緒にお仕事をするのだが、
規模が大きくなったせいか、たくさんの方が本事業に参加しており、
まだ名前が覚えられない。これはちょっと大変。

さて、運営や今後の見通しについて活発な議論があり、
予定時間をオーバーするほどに。
北海道が真っ先にスタートするということもあり、
うまくできるか不安もたくさんなのだが、とにかく精一杯やらねば。

そんなわけで、急遽4日に北海道出張。
学会の研究会準備がやばくなりそう。
1人でやってるとこういうときに困るね…。

ポケモンセンターの混雑ぶりを見て夏だなぁと思う。
そんなことを感じながら帰路についたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

広島県放送視聴覚教育研究協議会

7月30日、広島市で放送視聴覚の研究会で講演。

会場は平和記念公園のすぐそばの中国新聞ビル。
なので、時間まで公園をちょっとぶらつく。
もうすぐ8月なので慰霊祭の準備が始まってた。
そんな雰囲気。

会場では数年ぶりに中川祥子先生に会い、談笑。
NHKの菊江さんもいらっしゃってて、午前中に講演があったそうな。
知らない間に無茶ぶりをされていたため、急遽スライドに手を加える(^^;

今回は高校の先生向けで「ICT活用」だったので、
放送・視聴覚との接点を見いだすことの大事さを伝えることが
僕の中でのメインテーマ。

どちらかというと放送の人が多いとのことだったので
うまくつなげられたかどうかはわからないが、
それなりにインタラクティブにはできた。

ただ、週明けに40度の熱が出たこともあり、
スライドの作り込みはちょっと甘かったかなぁ。
反省。

帰ってからちょっと一献。
飲んでる間に次の日の予定が大きく変わり、
玉突きでその他の予定にも影響を。

とりあえずは東京入りが1日早まったということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

リレー講座に登壇

7月22日、大学主催のリレー講座に登壇。

「つながるメディアと子どもたち」というタイトルで。
ネタがニッチなので、人が集まらないような気はしてたが予想通り。
こればっかりはしょうがない。

今回はメディアコミュニケーションとはなんぞやという話を
ICT活用の事例を交えながら話した。
ただ、それなりにけっこうしっかりとプレゼン自体は作り込めたので
まぁまぁそんなもんかなぁという気はする。

こういった話は現場にでて情報を得ないと話がしづらいのだが、
今年は現場にでるチャンスを環境の問題で失っているので、
少し悩ましいところ。なんとかしたい。

なにはともかくだけど、ひとまず終わって一息。
終わった後のビールがおいしかったのは言うまでもない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

オープンキャンパス

7月17日、オープンキャンパスの話。

今回の参加者は少なめだったので、
電子黒板を使い、なるべくインタラクティブにと思ったが、
大人しめの高校生でなかなか難しい。

模擬授業としてはCGの制作を。
ソフトクリームをつくる課題。
あたりまえの3D世界だが、平面上で表すことの難しさ、
それに伴う達成感を感じてもらえたかなとは思う。

ただ、問題はいろいろある。
改善が望めること望めないことそれぞれあるので、
こちらでできることはなんとかせねばとも思った1日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

福山市情報教育担当者研修

 

6月21日は福山市内の小中学校情報教育担当者研修。
講師を仰せつかっていたのでいそいそとでかける。
とかいいつつ、ギリギリまでスライドができあがらず、
かなりカツカツの状態だったのは秘密。

さて、今回のテーマは「情報セキュリティ」。
最初、これでお題をいただいたとき、
それだけでは学校の先生向けではない気がしたのだが、
指導主事の先生が

 「各教員が自分の学校に帰ったときに、
  学校だけじゃなく世の中の状況を伝えられるようにしたい」

とおっしゃったので、なるほどと思い、引き受ける。
でも少しくらい教育的なエッセンスがないとおもしろくないだろうと思って、
情報モラルと絡めながら、中身を考えた。

持ち時間80分。
頭で思い描いていたようにはインタラクティブな感じにはできなかった。
自分の中ではけっこう大事なポイントだったのだが、反省。
それでもなんとかなんとか、だろうか。

ただ、夏のイベントの告知が十分できなかった。
これもけっこう大事なことだったのだが。
折を見てアナウンスをする必要があるなぁ。

講演を聴くってあまりおもしろいことじゃないと思うけども、
少しでも頭の中に残ってくれたら御の字。
僕自身の勉強だなとも思った、改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«教育工学会25周年記念シンポ